婚活ノウハウ

マッチングアプリに潜む既婚者の特徴と見抜く方法【実体験も紹介】

\結婚相談所は必ず資料請求しよう/

※下記サイトから請求したパンフレットの一部

Hanako
Hanako
サポート内容をしっかり確認しないまま無料相談に申し込み、迫られてその勢いで入会してしまいました。。
あとから他の結婚相談所と比較して高額だったし、コスパも悪くて退会したいけど返金対応してもらえません。。

という口コミが目立ちます。

既に気になる結婚相談所がある方も、後で後悔しないために複数の結婚相談所の資料を取り寄せましょう。結婚情報比較ネットでは、「年代や住んでいる地域で絞って」資料を一括で取り寄せることができます。

↓婚活支援金3万円プレゼント実施中↓

手元に資料があると比較しやすいです!

Hanako
Hanako
資料請求後、結婚相談所から電話がかかってきます。結婚相談所の雰囲気もわかりますので、電話は取るようにしましょう。はっきりとお断りすれば2度と電話はかかってきませんので安心してくださいね。

マッチングアプリで実際に出会った人が既婚者だった

Hanako
Hanako
ここでは、私が実際にマッチングアプリで出会った既婚者のお話をしたいと思います。

なぜ、既婚者もマッチングアプリを使う?その心理に迫る

単なる暇つぶし

既婚者がマッチングアプリを使う理由として、単なる暇つぶしであることも多くみられます。

こういう場合は、特別な相手を探しているわけではありません。

ただ、暇な時間、携帯をつついてあわよくばという気持ちでマッチングアプリを利用している既婚も多いものです。

特にパートナーに不満があるわけでもなく、遊び相手を探しているわけでもなくという感じでマッチングアプリを利用してるようですね。

セックスレス

既婚者がマッチングアプリを利用する理由として、パートナーとのセックスレスがあげられます。

パートナーとのセックスレス問題は、深刻は問題ではありますが、既婚者がマッチングアプリを利用して良いという理由にはなりません。

パートナーとのセックスレスの寂しさを、安易に解消しようとマッチングアプリを利用し、簡単に肉体関係を持てる相手を探しているのです。

こういう相手は、身体目的なだけだと思って間違いないでしょう。

家庭に不満がある

家庭はパートナーに不満がある時、新たな刺激や出逢いを求めてマッチングアプリを利用する場合があります。

ッチングアプリで気軽に相手を探せて、少し楽しい話ができればいいという既婚者もいます。

家庭内の不満に対する気晴らし程度の気持ちでの利用も多いですね。

しかし、貴重な時間を相手の不満解消のために使う必要はないのです。

相手が既婚者かどうか、きっちりと見極めることが大切になってきます。

浮気癖

浮気癖からマッチングアプリを利用する既婚者もいます。

パートナーに対して不満もないのに、マッチングアプリで相手を探すことが習慣化されている既婚者も多いものです。

そういう相手は、女性の扱いに慣れており、まるで友達を作るように浮気相手を探しています。

マッチングアプリには、こんな浮気癖を持つ既婚者が潜んでいることもありますので、注意が必要ですね。

マッチングアプリのプロフィールで分かる既婚者の特徴

身バレを気にしている

マッチングアプリを利用している既婚者の特徴としてあげられるのは、身バレを気にしていることです。

『身バレ防止機能』を利用している相手には要注意です。

そもそも『身バレ防止機能』はマッチングアプリにおいて、有料であることが多く、追加料金を払ってまで身バレを避けたいという心理が働いていることがわかります。

出会いを求めるマッチングアプリで、追加料金をかけてまで隠したいことが相手は、少し疑ってかかった方が良いでしょう。

顔がはっきり分からない

プロフィール写真はマッチングアプリでも重要なものです。

マッチイングアプリを利用している既婚者は、身バレを恐れるためプロフィール写真に顔が映っているものを避ける傾向があります。

後ろ姿や、集合写真など、わかりずらいプロフィール写真にしていることが多いのです。

プロフィール写真を確認し、はっきりと顔が映っていない相手には要注意です。

本人特定されそうな情報は未公開

マッチングアプリを利用してる既婚者のプロフィールには特徴があります。

必要な項目が埋まっていない、名前以外の情報がまったく入力されていないなどプロフィールに空欄が多いのも既婚者の特徴です。

既婚者は、個人を特定されそうな情報は一切公開しないようにしているのです。

こういう相手に時間をかける必要はないということを覚えておいてください。

マッチングアプリのメッセージのやりとりで気づける既婚者の特徴

夜や土日は返信が遅い

マッチングアプリを利用する既婚者は、夜は土日にメッセージを送っても返信が遅い特徴があります。

独身なら、仕事をしている昼間や平日よりも時間があるはずなのに、夜になるとメッセージが途絶えてしまう。

これは家庭で子供やパートナーに、マッチングアプリを利用していることを知られたくないため携帯やパソコンを遠ざけているのでしょう。

夜は土日に返信が遅い相手には、気をつけましょう。

夜や土日の電話に出たがらない

マッチングアプリを利用してる既婚者は、夜は土日の電話にでたがらないという特徴があります。

夜や土日は家庭ですごしているため、うっかり電話に出て子供の声でも聞こえてしまったら、既婚者であることがすぐにバレてしまいます。

また、仕事でもないのに家庭で頻繁に電話をし、長話をするなどパートナーに勘づかれるような行動をとるわけにはいかないのです。

オンライン通話を拒否する

マッチングアプリを利用している既婚者は、オンライン通話には応じてくれません。

これはマッチングアプリを利用する既婚者が最も恐れている事態、身バレを防ぐためなのです。

オンライン通話をしている最中、うっかり背景に子供が映り込んでしまったり、個人が特定できる情報が映り込むことを恐れているのです。

オンライン通話に応じてくれない相手は、何か隠し事があると思って間違いないです。

メッセージの下ネタが比較的多い

お互いにメッセージを交換しあう中で、やけに下ネタが多い相手にも注意が必要です。

これは既婚者がマッチングアプリを利用する理由と直結しています。

簡単に「肉体関係」を持てる相手を、既婚者はマッチングアプリで探しているのです。

下ネタに乗ってこない相手にかける時間は惜しいと思っているのでしょう。

また、体型について色々とすぐに聞いてくる相手には、気をつけてください。

あなたの身体だけが目的、という相手も多いので要注意が必要です。

【既婚者チェック】怪しいかも?と思ったらすぐやってみて!

夜に突然電話してみる

マッチングアプリでやり取りをしている相手が、既婚者かもしれないと思ったら、夜に突然電話をしているといいでしょう。

既婚者は夜、家庭で過ごしているものです。

家族がいる前で、堂々とマッチングアプリで出会った相手と電話をできる人は少ないはずです。

夜の電話に出ないのは、家庭があることを知られたくないからでしょう。

土日長めのデートを提案する

相手が既婚者かどうか確かめたい場合、土日に長めのデートに誘ってみてください。

平日ならともかく土曜日曜は、既婚者にとって家族サービスが大切な日です。

仕事がない日に、既婚者が家を出ることは結構難しいものです。

短時間ならまだしも、長い時間のデートとなると家族に対して言い訳も考えなくてはなりません。

またパートナーに勘づかれる危険性もあります。

土日に長めのデートを拒否する相手は、既婚者である可能性が高いですね。

SNSアカウントを聞いてみる

相手が既婚者かどうかを確かめる方法として、相手のSNSアカウントを教えてほしいとお願いしてみるという方法があります。

既婚者は身バレを恐れています。

SNSを通して、自分にパートナーや子供がいることがバレてしまうのが恐ろしいのです。

教えて欲しいとお願いをしても「やっていない」と答える可能性が高いでしょう。

FacebookやInstagram、TwitterとたくさんあるSNSを1つもやっていないという人は現代では少数派です。

頑なにSNSアカウントを教えてくれない相手は、既婚者である可能性大です。

一緒に写真を撮ってみる

マッチングアプリを利用している既婚者は、一緒に写真を撮るのを嫌がることが多いです。

もちろん身バレ防止のためでしょう。

少しでも形に残るものがあると、何かの拍子で個人が特定されてしまうと恐れているのです。

カメラを向けると嫌がったり、写真嫌いをアピールしてくる相手には注意が必要です。

一緒に写真に収まることを嫌がる相手には、さりげなくカメラを向けて反応をチェックするのもいいかもしれません。

家に行ってみたいと提案

マッチングアプリで出会った相手が、自宅を教えてくれない、自宅に誘ってくれないのならその人は既婚者かもしれません。

既婚者がマッチングアプリで出会った異性を、家族と一緒に住んでいる自宅に呼べるわけがないのです。

マッチングアプリで出会い親密な仲になっても自宅に誘ってくれない場合は「家に行ってみたい」とお願いして反応をみてみるものいいでしょう。

頑なに自宅へあなたを招かない場合は、やはり何か秘密や隠し事がある証拠です。

既婚者である可能性は大と考えていいでしょう。

最初に結婚の話題をする

マッチングアプリを利用する既婚者は、結婚を望んでいるわけではありません。

最初に結婚の話題を振ってみて、相手の反応をチェックするのも既婚者かどうか見分けるには有効な手段です。

ちょっと深い恋愛の話や結婚の話をしてみて、相手が面倒くさそうな素振りや、話をそらすようなことが続くのなら、要注意です。

既婚者はマッチングアプリで結婚相手を探しているわけではないのです。

結婚相手を真剣に探しているのであれば、結婚の話を避けるのはおかしな話です。

結婚の話題を避けたがる相手は、既婚者の可能性が大だと言えます。

トラブルを避けるための既婚者対処法

すぐにブロックする

マッチングアプリで出会った相手が既婚者だったことがわかった場合、すぐに相手をブロックすることが1番の対処法です。

どんなに親しく連絡を取っていたとしても、すぐにブロックをしてしまえば大丈夫です。

既婚者とわかっていながらやり取りを続けていると、トラブルに巻き込まれることも考えられます。

既婚者と断定できなくても、既婚者であると疑わしい相手はすぐにブロックをして、他の相手を探すことをおすすめします。

マッチングアプリには、他にも沢山の方が登録をしています。

疑わしい相手はさっさとブロックして、次の相手を探した方がいいでしょう。

違反報告をする

マッチングアプリで出会った間が既婚者だったことが判明した場合は、すぐに運営に違反報告をしましょう。

マッチングアプリは基本的に既婚者の登録や使用を禁止しています。

運営に既婚者であることを報告することで、運営側が処置をとりそのユーザーはマッチングアプリから削除をされます。

健全なマッチングアプリの運営を助けるためにも、利用者の中に既婚者を発見した場合は、積極的に違反報告をする方がいいでしょう。

違反報告をすることによって、既婚者に他の利用者が既婚者に騙されることを事前に防ぐこともできます。

自分1人で対処しようとはせず、マッチングアプリの運営にお任せしましょう。

既婚者を見分けやすいマッチングアプリ(独身証明書あり)

マッチングアプリのような結婚相談所がおすすめ(独身証明書必須)

ABOUT ME
Hanako
Marriage Story(マリッジストーリー)へようこそ。当サイトは、女性のための婚活・結婚・離婚情報を発信しているメディアです。幸せな結婚・人生を掴むためのTIPS(ヒント)をお伝えしており、少しでもあなたのお手伝いができれば嬉しいです。
\絶対に失敗しない!結婚相談所を選び/

結婚相談所選びには、この3つの行動がとても大切です。

  1. 資料請求・無料相談に申し込む
  2. 結婚相談所との相性を確認する
  3. 複数の結婚相談所を比較する

結婚相談所では仲人がしっかりと活動をサポートしてくれるので、ひとりで活動するより婚活がうまくいきます。

Hanako
Hanako
早い人では、3ヶ月〜6ヶ月以内で結婚が決まります。やっぱりプロのサポートがあると結婚が早いです!

悩んでいたらあっという間に時間だけが過ぎてしまいもったいないです。「早く結婚したい!」と思ったら今すぐ行動しましょう

婚活は、情報収集からです。下記リンク先から、まずは結婚相談所の資料をまとめて取り寄せてみましょう!

↓婚活支援金3万円プレゼント実施中↓

※資料請求後、各結婚相談所から住所確認の電話がかかってきます。結婚相談所との相性を確かめるために、積極的に電話をとると良いでしょう。はっきりとお断りすれば、二度と電話はかかってきませんので安心してください。