婚活ノウハウ

会ったら微妙!冷めた!マッチングアプリあるあるのなぜ?を紐解く

\結婚相談所は必ず資料請求しよう/

結婚相談所への入会を検討されているなら、情報収集のためにまずは資料請求しましょう!

既に気になる結婚相談所がある方も、後で後悔しないために複数の結婚相談所を比較しておくと自分にピッタリな結婚相談所が選びやすくなります。

※結婚情報比較ネットから請求したパンフレットの一部

結婚情報比較ネットでは、「年代や住んでいる地域で絞って」資料を一括で取り寄せることができます。

↓婚活支援金3万円プレゼント実施中↓

手元に資料があると比較しやすいです!

Hanako
Hanako
資料請求後、結婚相談所から電話がかかってきます。結婚相談所の雰囲気もわかりますので、電話は取るようにしましょう。はっきりとお断りすれば2度と電話はかかってきませんので安心してくださいね。

マッチングアプリで会ったら「微妙」「冷めた」体験談

マッチングアプリで会ったら「微妙」「冷めた」を避ける方法

マッチングアプリで出会った相手とのメッセージのやり取りは楽しいけれど、実際に会うと何か違う事態を避けるための方法をご紹介していきます。

顔がよく見える写真を見せ合う

会う前にお互いの顔がよく分かる写真を交換しましょう。

実際に会って冷めてしまう原因の一つは、外見の印象が違うと感じることです。

マッチングアプリでは、自分が一番素敵に見える写真を掲載するもの。

またマスクや帽子、スタンプなどで顔の一部を隠したり、加工していたりする男性も少なくありません。

そのため実際に会うと、印象が違ったと感じてしまいがちです。

可能であればお互いにマスクや加工のない色々な角度から取った写真を見せ合うといいでしょう。

等身大の彼の写真を見ておけば、実際に会っても微妙な気分にはなりにくいものです。

オンライン通話で話す

実際に会う前に、オンライン通話で話すといいでしょう。

オンライン通話であれば、相手の実際の外見や雰囲気、話し方を事前に掴めます。

オンライン通話で良さそうと感じたら実際に会うようにすると、微妙に感じる機会も少なくなるでしょう。

ビデオ通話ができるマッチングアプリも増えてきているので、上手く活用してみてください。

気持ちが盛り上がる前に早めに会う

出会ってすぐに会えば、相手に対して過剰な期待感も少ないものです。

フラットな気持ちで相手と会えるので、微妙や冷めたという感情になりにくいでしょう。

一方長くやり取りを続けていると、気持ちが盛り上がり過ぎて相手に理想を押し付けてしまいがちです。

想像していた人と違うと思えば、気持ちも冷めてしまいます。

直感で会いそうだと思った人とは、早めに会うことも検討してみてください。

もし「微妙」だったらどうするか最初に決める

もし「微妙」だった場合、どうするかあらかじめ決めておくこともおすすめです。

例えば「微妙」だと思ったらもう会わないと決めておけば、気持ちも楽になります。

自分の直感が不安であれば、2回会って微妙か判断すると決めておくこともおすすめです。

もし相手が話やすい人であれば、お互いに微妙だと思ったらその時は正直に話合いましょうと伝えておくといいでしょう。

相手も自分も安心できて、余計な気遣いをせずに済みます。

そもそも最初から本気にならないこと

最初から冷静な気持ちでいると、相手と会った時に微妙だと感じにくくなります。

微妙や冷めたと感じるのは、気持ちが盛り上がり過ぎているからかもしれません。

すぐに気持ちが盛り上がるという人は、意識して冷静な視点を取り入れてみてください。

好みの相手からアプローチを受けるとつい本気になってしまいますが、「会うと違うかもしれない」と一歩引いた姿勢も大切です。

まずは軽い気持ちで、素敵な男性と出掛けられて楽しいぐらいの気持ちで会ってみましょう。

「微妙」「冷めた」を乗り越えることもある

「微妙」「冷めた」という状態になっても、その後交際に発展する例もあります。

「微妙」「冷めた」と感じても乗り越えられるかもしれない方法を見ていきましょう。

最低2回会うと決める

1度会っただけでは、相手の全てを把握することはできません。

1回目と2回目で印象が変わることがあるので、最低でも2回は会うようにしてください。

相手も1回目は緊張し過ぎていたので印象が悪くなっていただけかもしれません。

ただ生理的に受け付けない相手であれば、2回は会わなくても良いでしょう。

その相手とは縁がなかったということで、次の出会いに進んでみてください。

相手の意外な一面を探してみる

実際に会った時に、相手の意外な一面を探してみてください。

相手の予想外な一面に好感を持つ可能性があります。

例えば一見真面目そうな彼も、実は甘党でケーキが好きというかわいい一面もあるかもしれません。

自分もケーキが好きであれば、話も盛り上がって交際に発展する可能性もあります。

デート中やデートの前に会話を広げて、相手の知らない面を探してみてください。

数回会ったら好きになることもある

マッチングアプリでの出会いに関わらず、何度も会う事で好きになることもあります。

1回目は微妙と感じても、数回会えば印象が変わり好きになるケースは少なくありません。

最低2回会うことをおすすめしましたが、2回目以降も会いたいと思うなら連絡を取り続けることをおすすめします。

デートを重ねる中で絆が生まれて、交際に至るかもしれません。

マッチングアプリで会ったら「微妙」「冷めた」時の断り方

思い切って会ってみたけれど、「微妙」「冷めた」と感じた場合の断り方をご紹介します。

余計なトラブルに巻き込まれないためにも参考にしてみてください。

急用ができたと早めに帰る

今すぐ帰りたいと感じるなら、急用ができたと伝えるといいでしょう。

仕事や家の事情だと説明すれば、相手も納得してくれます。

ただ相手に落ち度がないにもかかわらず、会ってすぐ急用ができたと嘘をつくのはおすすめしません。

不快に思った相手がマッチングアプリにあなたのことを悪質だと報告する恐れがあります。

1時間程度お茶をして、自然な形で早めに帰るようにしてみてください。

事前に友達や家族に時間を指定して電話を入れてもらうと、相手も早く帰ることを承諾してくれるでしょう。

ぶっちゃけトークで本音を伝える

相手によっては、会ってみたら微妙だったと本音を伝えることもおすすめです。

相手も本音トークをしてくれる可能性があるので、異性から自分がどう見えているか参考になるかもしれません。

ただし相手の性格次第では、不快な思いをさせたり、トラブルになったりする恐れもあります。

相手の性格を見極めたうえで本音を伝えてみてください。

お互い本音を伝え合えば、意気投合して上手くいくこともあります。

開き直って友達になってしまう

気軽な友達を作ろうと思って相手に接すると、気持ちが楽になります。

恋人候補だと考え過ぎているので、相手に対して「微妙」「冷めた」と強く感じてしまっているかもしれません。

緊張していると感じる方は、男友達とのお出かけを楽しもうという気持ちで開き直ると案外楽しい時間が過ごせます。

そのまま交際に発展しなくても、友達として繋がり続けることもおすすめです。

写真と別人ならすぐ帰ってOK

相手が写真と別人だと思ったら、すぐに帰って下さい。相手は嘘をついていたことになるので、信用できないからです。

別の写真をマッチングアプリに載せているのは、既婚者や体目的の可能性があります。

余計なトラブルを避けるためにもそれ以上連絡は取らず、運営に悪質ユーザーとして報告することをおすすめします。

お礼だけ伝えてその後の連絡を断つ

会って楽しかったというお礼を伝えた後は、こちらからの連絡は絶つようにしてください。

会った後で何も連絡しないのは失礼にあたりますが、興味がなくなったのなら別の男性を探した方がいいでしょう。

相手が連絡を送り続けてくる場合は、必要最低限の返事に止めて、徐々に返信の回数を減らしていく方法がおすすめです。

あまりに相手がしつこい場合は、ブロックも検討してみてください。

マッチングアプリで会ったら「微妙」「冷めた」でもやってはいけないNG行動

「微妙」や「冷めた」と思ってもしてはいけない行動があります。

それぞれを確認していきましょう。

待ち合わせ場所に行かない

待ち合わせ場所に行かないことは、トラブルの原因になります。

離れた場所から相手を見ていまいちと思っても、待ち合わせの場所に行く方が印象もいいでしょう。

反対の立場になって考えると、待ち合わせ場所に相手が来ないのは非常に辛いことです。

一目で写真と別人だった、何かトラブルを抱えて良そうというケースを除き、待ち合わせ場所にはいくようにしてみてください。

未読スルー・既読スルーは失礼

会って微妙な相手だからといって、連絡を無視することは失礼です。

不快に思った相手から執拗に連絡が入り、トラブルになる可能性もあります。

もう連絡を取りたくない場合も、社交辞令や会う時間を作ってくれたことにお礼をしておきましょう。

大人の対応をすると、ひょんなところから素敵な出会いが期待できるかもしれません。

ただあまりにしつこい場合は運営に相談したり、ブロックしたりすることも検討してみてください。

自分の対応は誠実さを心掛けるようにしましょう。

丁寧にお断りすると自分の品格を保てる

自分のためにも丁寧なお断りを心掛けましょう。

マッチングアプリによっては、相手からの評価が悪いと悪質ユーザー認定されることがあります。

以下の例文のような相手を傷つけないような断り方がおすすめです。

  • 実際に会ってみると恋人よりも友達のような楽しさを感じたので
  • 仕事や家の用事で会う時間を作るのが難しくなったので

自分の品格を守るためにも丁寧な対応を心掛けましょう。

「微妙」「冷めた」はやっぱり避けたいなら仲人の力を借りよう

 

ABOUT ME
Hanako
Marriage Story(マリッジストーリー)へようこそ。当サイトは、女性のための婚活・結婚・離婚情報を発信しているメディアです。幸せな結婚・人生を掴むためのTIPS(ヒント)をお伝えしており、少しでもあなたのお手伝いができれば嬉しいです。
\絶対に失敗しない!結婚相談所を選び/

結婚相談所選びには、この3つの行動がとても大切です。

  1. 資料請求・無料相談に申し込む
  2. 結婚相談所との相性を確認する
  3. 複数の結婚相談所を比較する

結婚相談所では仲人がしっかりと活動をサポートしてくれるので、ひとりで活動するより婚活がうまくいきます。

Hanako
Hanako
早い人では、3ヶ月〜6ヶ月以内で結婚が決まります。やっぱりプロのサポートがあると結婚が早いです!

悩んでいたらあっという間に時間だけが過ぎてしまいもったいないです。「早く結婚したい!」と思ったら今すぐ行動しましょう

婚活は、情報収集からです。下記リンク先から、まずは結婚相談所の資料をまとめて取り寄せてみましょう!

↓婚活支援金3万円プレゼント実施中↓

※資料請求後、各結婚相談所から住所確認の電話がかかってきます。結婚相談所との相性を確かめるために、積極的に電話をとると良いでしょう。はっきりとお断りすれば、二度と電話はかかってきませんので安心してください。