モラハラ

モラハラ夫との離婚に迷った時に手放したもの|断捨離のコツと考え方

 

なぜ、断捨離?


断捨離をすると、心が整理されていきます。

過去への執着を手放し、心の交通整理がされるので、自分の人生にとって本当に必要なものが見えてくるものです。

例えば、

  • 見ていて不快に思うもの
  • 高かったけど使いにくいもの
  • 頂いたけど気に入らないもの
  • 1年以内に使わなかったもの
  • 自分のライフスタイルに合わないもの

このように自分の中でルールを決めることで、最初は手放すことができなかったものも次第に躊躇なく処分することができます。

モラハラ夫との離婚に迷った時に手放すと良いもの

では、実際に何から手放したら良いのかご紹介しましょう。

結婚の思い出

まず、悲しく辛い結婚を思い出させるものは全て手放しましょう!

  • 結婚祝いでいただいたもの
  • 夫、義理両親からいただいたもの
  • その他、結婚生活を思い出させるもの

せっかく友達や親に買っていただいた結婚祝いですが、新しい新居、そして人生に持ちこめば見るたびに、使うたびに思い出し、悲しい気持ちや辛かった結婚生活を思い出しますよね。そんな人生はどうでしょうか。

友達もご両親もあなたが幸せになることを一番に願っています。「今までありがとう」と感謝の気持ちを込めて手放しても誰もあなたを恨みません。

むしろ、それを売って少しでも新しい生活の足しになるのであれば、役に立てて良かったと思えるのではないでしょうか。

少なくとも私ならそう思います。ただ、人によってはがっかりしてしまう人もいると思いますので、それはわざわざ伝える必要はないと思います。

自分で運べないもの

本当に必要になれば新居でまた買えば良いので、引っ越し先に自分で運べない重たい家具や収納は全て手放しましょう。

多くのものは、なくても生きていけるものです。

また買うお金なんてない、もったいない、そう思う人もいるかもしれませんが、物は少ない方が身軽です。

引っ越しも楽だし、新居の掃除も楽だし、何よりなくても全く困りません。それよりも身軽になって、一日でも早く家をでられた方が幸せになれます。

収納がなければ物を減らせば良いのです。お気に入りのものに囲まれた生活は、想像以上に楽しいですよ。

ネガティブ思考

モラハラ被害者は、ネガティブ思考に支配されやすいですよね。

  • 専業主婦の私に仕事はあるのか
  • 一人暮らしが不安すぎる
  • そもそも離婚できないかもしれない

特に専業主婦はまた社会で働けるのか、自信ない人も少なくありません。

大した才能もない、技術もない、そもそも自分に自信がないから不安がいっぱい。

一人で生きていくのが怖い、できないことばかり考えては落ち込みませんか。

このネガティブ思考では、うまくいくはずのものもうまくいくわけないですよね。

でも、ネガティブ思考に支配されるのも、そうさせる環境に身を置いているからなのです。モラハラ夫の顔色を伺いながら生活しているので、常にビクビクしているわけです。

できないことを考えるのではなく、自分にできることに目を向けることです。小さなステップを踏んで、小さな成功体験を味わってください。

断捨離を加速化させる考え方とは

断捨離を進めて行く中で、手が止まってしまうことはあると思います。自分と向き合う大切な時間なので、結構疲れてくると思いますし、迷ったり、悩んだりすることも多いはずです。

そんな時に、背中を押してくれる考え方をお伝えしますので、参考になることがあれば取り入れてみてください。

8割のものは不用品である

実は、家にある8割のものはなくても良いものなのです。

災害が起きて家をでなければならなくなったら何を持ち出すか?そう考えるとかなり厳選されますよね。

あるいは、1年世界一周旅行に行くなら何を持っていくか?手荷物にも限界がありますよね。1年間家にいないのに家賃を払うのも勿体無いですよね。

必要な物だけを残して実家に送るか、トランクルームを利用するかと思います。

そう考えると、本当に必要なものは意外と少ないことに気がつきますし、実はほとんどの物がなくても良いものだと気づかされます。

物が増えていく理由は、心が満たされていないからだと私は思います。

自分でも気がつかないうちに忙しさによるストレス、寂しさや悲しみから傷ついて、疲れた心を癒すために買い物をし、物がどんどん増えていくのではないでしょうか。

便利なものは、意外といらない

便利なものは、なくても困りません。

キッチン用品で便利グッズは結構多いと思います。卵を櫛形に切るための道具や、野菜の水気を切るためのサラダスピナー、アボカド専用のカッターなど、〇〇専用の道具というものがたくさんあります。

モラハラ夫が便利グッズが大好きな人で、我が家には便利グッズや〇〇専用の道具がたくさんありました。

あれば使うけど、なくても全く困らないので自分で購入したもののみ全て処分しました。

結局、新しい生活を始めても買い足すことがなく、何一つ後悔していません。処分できたおかげ収納スペースに余裕ができて見栄えが綺麗です。

物が少ないと自分の時間が増える

例えば、洗い物が多いのは食器が多いからで、洗濯物が多いのは洋服が多いからです。食器や洋服が少なければ、その分自分の時間が増えます。

また、アイロンがけが必要なものをなくせば、アイロンもアイロン台もいらなくなりますし、雑貨や飾り物がなくなればホコリはサッと拭けるので掃除がすごく楽です。

床に物を置かなければ、床掃除も楽になり、ソファがなければソファ下の掃除をする必要もありません。

断捨離は永遠、そして気づくこととは

断捨離に終わりはないのです。

生活をしていく中で、物は自然と増えていきますし、ライフスタイルや年齢に合わせて不要となるものが出てきます。

断捨離は、心の交通整理をしているようで、少しずつ物を減らして執着心が減っていくと、自分にとって本当に大切なものが見えてきます。

それは、

  • 夢や目標が明確になる
  • 本当に大切なものが見えてくる
  • 今何をするべきか明確に分かってくる 

モラハラ夫に対する執着心も断捨離を通して手放すことはできますので、その時に本当に離婚するべきかどうか答えが見えてきます。

タイミングが来れば、あっさりとお別れすることができますよ!

https://ifcnomad.com/moral-harassment-divorce-preparation/

https://ifcnomad.com/moral-harassment-how-to-divorce/

ABOUT ME
Hanako
Marriage Story(マリッジストーリー)へようこそ。当サイトは、女性のための婚活・結婚・離婚情報を発信しているメディアです。幸せな結婚・人生を掴むためのTIPS(ヒント)をお伝えしており、少しでもあなたのお手伝いができれば嬉しいです。
\絶対に失敗しない!結婚相談所を選び/

結婚相談所選びには、この3つの行動がとても大切です。

  1. 資料請求・無料相談に申し込む
  2. 結婚相談所との相性を確認する
  3. 複数の結婚相談所を比較する

結婚相談所では仲人がしっかりと活動をサポートしてくれるので、ひとりで活動するより婚活がうまくいきます。

Hanako
Hanako
早い人では、3ヶ月〜6ヶ月以内で結婚が決まります。やっぱりプロのサポートがあると結婚が早いです!

悩んでいたらあっという間に時間だけが過ぎてしまいもったいないです。「早く結婚したい!」と思ったら今すぐ行動しましょう

婚活は、情報収集からです。下記リンク先から、まずは結婚相談所の資料をまとめて取り寄せてみましょう!

↓婚活支援金3万円プレゼント実施中↓

※資料請求後、各結婚相談所から住所確認の電話がかかってきます。結婚相談所との相性を確かめるために、積極的に電話をとると良いでしょう。はっきりとお断りすれば、二度と電話はかかってきませんので安心してください。